スキップしてメイン コンテンツに移動

Rocket League 脱初心者 TIPS

Rocket Leagueを始めて400時間2300試合ほどプレイしたので、このゲームの上達方法、脱初心者のための手引きのようなものを書き留め。

Rocket League 脱初心者 TIPS

1. 打てるボールを見極めよ

自分が打つべきボールは丁寧に見極める必要がある。
なぜなら、自分がボールを「打ちに行く」ことで状況をかえって悪化させる場合があるからだ。
ボールを打ちに行くのであれば、自分が現在のポジションを脱して問題ないかも常に考慮しなければならない(特にゴーリーの位置にいる場合)。
また、先に他のプレイヤーが触れそうなボールまでいちいち追いかけるのは子どものサッカーと変わらない。

2. パワーショットを心がけよ

ボールは可能な限り力強く打つこと。勢いのあるボールに的確に対応できるプレイヤーはさほど多くない。
ショットにしてもクリアにしても、とにかくボールに触れるときに勢いよく打つことを心がけるだけで、対人戦の成績は伸びる。
ボールの中心を捉えるように車のノーズ部分を当てることで、強烈なボールが打てる。
インパクトに合わせてブーストを炊く、フォアフリップで勢いをつけるなど、ただボールに触るだけではない工夫を心がけるべし。

3. 前に出たら必ず戻れ

このゲームはある程度の車速がないと車体のコントロールが難しい。
攻めるにしろ守るにしろ、いつまでも同じ位置に留まりながらプレイしていると、不必要に困難な操作を強いられることになる。
また、そのようなプレイングはブーストをたやすく枯渇させる。
常に走り続けながらプレイするのが理想であり、そのためには一回攻めたら速やかに戻ることを意識すべし。
攻めているときはついボールの近くにぐだぐだとポジショニングしがちだが、大抵の場合それは味方の邪魔にしかなっていない上、敵のカウンターアタックを誘発する。
ワンプレイを終えてすぐに戻ることで自陣に控えている味方が前に出やすくなり、自然とポジションのローテーションが発生する。
ローテーションによりオフェンス・ディフェンス・ブースト補充が無理なく継続できるようになる。

4. ディフェンスはゴールから

敵陣から自陣に戻りながらのディフェンスはとても難しく、上手くいっても反撃に繋がりにくい上、下手をするとオウンゴールなどの目も当てられない事態を引き起こす。
そのような中途半端をするくらいなら、まず自陣のゴールまでいったん戻りきってから正面を向いてのディフェンスを心がけたい。
自陣ゴールでのディフェンスはカウンターアタックになりやすいので、敵もうかつには攻め込めなくなる。
なお、常に戻りながらのディフェンスを強いられているプレイヤーは、ボールを取られる「前」――ボールのコントロールを失った瞬間に後退を開始するようにすれば、敵が体勢を整えて攻めてくる頃には万全の状態で迎え撃つことができる。

5. セカンドボールを狙うべし

このゲームに慣れてくると、ただ闇雲にボールを追いかけるよりも、バウンドボールやルーズボールを真っ先に拾うプレイが有効であることに気がつくはず。
セカンドボールを迅速かつ精確に捌くことで敵のチャンスを潰し味方のチャンスを増やすことになる。
そのためには、ボールだけでなく敵や味方の動きもできるだけ俯瞰し、次にボールがどのように動くかを先読みして自分の立ち回りを決めていく必要がある。
ただし、味方ゴール前のせめぎ合いなど、様子見など悠長なことをしている場合ではないことも多いので、ある程度の果断さは求められる。

6. 適度にチャレンジせよ

攻守のバランスばかりを考えて保守的な動きが目立つようだと、かえって敵につけ入るスキを与えることにもなる。
ときには自分のスキルでは荷が重いようなプレイも積極的に実行していくべし。
もちろん大抵は失敗に終わるので、失敗しても問題のないタイミングを慎重に見計らう必要はある。
また、先にチャレンジしている味方がいる時は、致命的なエラーとならないようしっかりフォローしてあげよう。

7. ゲームを楽しめ

「継続は力なり」
ゲームそのものを楽しむことなしに、プレイングの上達はあり得ない。
気の張るランク戦ばかりでなく、時にはチーム戦やカジュアル戦、お遊びの試合も採り入れてみるべし。
リラックスすることで普段とは異なるプレイ感覚を得ることも可能だ。
ロケリーの魅力を実感し続けることが、上達への一番の近道である。

Good luck, have fun! あなただけのロケリーライフを!

コメント