【Shadowverse】神々の騒嵐ゴールドレアカード評

前回のレジェンドカード評に続き、今回はゴールドレアカード評。
評価は前回同様S~Dの5段階で行います。事前情報にもとづいているのでリリース後に評価は変えるかもしれません。

◆癒やしの奏者・アンリエット 7コスト4/5 (ニュートラル)
ファンファーレ 攻撃済み状態の自分のほかのフォロワー1体を、攻撃していない状態にして、体力を上限まで回復する。
---
評価B。フォロワーを2回行動させることができるユニークなカード。疾走ウルズコンボの上位互換のような動きができる。疾走系のデッキで採用されるかも。効果は強力だが若干コストが重くスタッツも低めなのが気になるところ。

◆風の軍神・グリームニル 3コスト2/3守護 (ニュートラル)
エンハンス10; ファンファーレ 相手のリーダーと、相手のフォロワーすべてに1ダメージを4回与える。
---
評価S。3コスト2/3守護だけでも優秀なのにエンハンス効果までオマケされている強カード。アグロからコントロールまでどのようなタイプのデッキにも無理なく搭載することができる。

◆激震のオーガ 8コスト6/6(進化後6/6) (ニュートラル)
ファンファーレ 相手のリーダーか、相手のフォロワー1体に3ダメージ。進化時 相手のリーダーか、相手のフォロワー1体に3ダメージ。
---
評価B。無難に強いものの8コスト帯のカードにしてはややパワー不足か。リーダーに直接ダメージが飛ばせる点は優秀。

◆フェアリーケージ 4コストアミュレット (エルフ)
自分がカードをプレイするたび、自分のほかの手札にフェアリーが0枚なら、フェアリー1枚を手札に加える。
---
評価D。フェアリーを無限に供給してくれるアミュレット。新しい動きができそうだがコスト4はいささか重い。盤面が埋まってしまう点もマイナスで活用するためには相応の工夫が必要になりそう。

◆ジャングルの守護者 5コスト4/5守護 (エルフ)
ファンファーレ エンハンス10; ジャングルの守護者1体を出す。その後、自分のジャングルの守護者すべては疾走を持つ。
---
評価A。守りと攻めを兼ねる万能フォロワー。5コストで出しても10コストで出しても相応の仕事をする有望株。コントロール系デッキでの採用が見込まれる。

◆クリスタリア・エリン 6コスト4/6守護 (エルフ)
ファンファーレ 自分のリーダーを3回復。エンハンス8; その後、自分のEPを1回復。
---
評価A。回復効果のついている守護持ちフォロワー。ディフェンシブでコントロール向きの性能。エンハンス効果でEPを回復できるのが特に嬉しい。

◆キャプテン・リーシャ 3コスト2/3 (ロイヤル・指揮官)
自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れる時失われる。
---
評価A。盤面の兵士フォロワーに除去耐性をつけて場持ちをよくするカード。単体除去はもちろんランダム除去、全体除去にも強くなる。単体でプレイしてもコスト相当の仕事はしてくれる。リーシャ本人には耐性がつかない点、消滅や変身には無力である点には注意。

◆援護射撃 5コストアミュレット (ロイヤル)
自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手フォロワー1体に、いないなら相手リーダーに「その指揮官・フォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。
---
評価A。指揮官フォロワーと強力なシナジーを持つアミュレット。設置ターンに大きなテンポロスが発生するが、その後指揮官フォロワーを連打することで十分にリカバリー可能。汎用的な性能ではないので使う場合は専用の構築が求められる。

◆キャプテン・ヴァルフリート 8コスト5/5 (ロイヤル・指揮官)
ファンファーレ 自分のほかのフォロワーすべての攻撃力と体力を+2する。自分の兵士・フォロワーすべては守護を持つ。
---
評価C。強化版セージコマンダーのようなバフ効果持ちフォロワー。盤面に複数のフォロワーが残っている状態でプレイできれば非常に強力だが高コストなのと本人のスタッツが低めなのが痛い。

◆マジカルガール・メルヴィ 5コスト4/4 (ウィッチ)
ファンファーレ 自分と相手はカードを手札が7枚になるまで引く。
---
評価B。手札回復カード。ウィッチはもともとキャントリップが豊富なのでこのフォロワーを有効活用するためには専用の構築が必要になる。また相手にも塩を送ることになりかねないので使い所には注意しなければならない。

◆変異の雷撃 6コストスペル (ウィッチ)
相手のフォロワーすべてを燃えネズミに変身させる。
◇燃えネズミ 1/1
自分のターン開始時、お互いのリーダーに1ダメージ。
---
評価C。少々癖のある除去スペル。燃えネズミはこちらのフェイスにもダメージを飛ばしてくるのでゲームをコントロールする目的では使いづらい。フォロワーを並べるミッドレンジ系のデッキで除去兼フィニッシャーのように使うのが無難か。

◆竜識の老魔術師 8コスト4/4 (ウィッチ)
ファンファーレ 「ドラゴン」を1体出す。土の秘術 代わりに「突風のドラゴン」を1体出す。
---
評価A。8コストで4/4と5/5を展開するのは悪くない。土がなくても相応の仕事をしてくれる腐りにくいカード。

◆ラハブ 4コスト2/5守護 (ドラゴン)
自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1する。
---
評価A。余ったPPを攻撃力に変換するユニークなフォロワー。コスト通りに出しても十分な働きをする。バフ判定は毎ターン行われるので相手としては放置しづらい。PPブーストというクラス特性ともマッチした強カード。

◆竜殺しの代償 4コストスペル (ドラゴン)
手札をすべて捨て、お互いのフォロワーすべてに5ダメージ。
---
評価B。強力だがかなり癖の強い全体除去。手札を空にしてしまうので有効活用するためには専用の構築が必須。

◆不死鳥の乗り手・アイナ 6コスト1/5疾走 (ドラゴン)
ファンファーレ お互いの場の他のフォロワーの数だけ+1/+0する。
---
評価B。場の状況で強さが一変するユニークなカード。フェイスドラゴンなどフォロワーを横に並べて戦うデッキのフィニッシャーとして活躍できそう。性能が不安定なのが不安材料。

◆破魂の少女 2コスト2/2 (ネクロマンサー)
ファンファーレ ネクロマンス4; 相手の進化後フォロワー1体を破壊する。
---
評価A。強力なネクロマンス効果を持っている。中盤に進化権を温存しながら盤面を取れる点が強い。2コストフォロワーの標準スタッツを備えているので序盤に出しても仕事をしてくれる。お互いに進化権が尽きた後半は腐ってしまうかもしれない。

◆死神の手帳 4コストアミュレット (ネクロマンサー)
カウントダウン2 あなたのターン終了時、あなたのデッキから自分の最大PPよりコストが低い、ランダムなネクロマンサー・フォロワーを場に出し、それを破壊する。
---
評価B。ネフティスのような展開と破壊を1枚でこなすアミュレット。ネフティスとは異なりネクロマンサーフォロワーしかサーチしないので、ニュートラルフォロワーを混ぜること等である程度効果を限定することができる。活用には専用の構築が必要。

◆不死の大王 7コスト4/5 (ネクロマンサー)
ファンファーレ ワイト2体を出す。ラストワード ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
---
評価S。ネクロマンスを用いることなく7コストで4/5、2/1、2/1と展開されるのは普通に強い。アドを失わずに展開でき墓場も稼げる1粒で3度おいしいフォロワー。

◆愛の悪魔・ガレット 2コスト2/2 (ヴァンパイア)
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できるとき、愛の悪魔・ガレットしか選択できない。
---
評価A。対象指定先を限定するユニークなフォロワー。単体除去やダメージスペルの他、ウルズの対象さえも吸収してしまう。序盤でもコスト通りの働きをするが、中盤以降余ったPPで置いておくと相手の動きを制限できる。

◆ブラッドムーン 3コストアミュレット (ヴァンパイア)
カウントダウン4 ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。この能力は、このアミュレットが場をはなれるとき失われる。
---
評価S。置いておくだけで無制限に復讐状態になれるアミュレット。3コストという手軽さに加えカウントダウンも4と長め。既存のあらゆるカードとシナジーがあり使い所は様々。

◆ソウルドミネーター 7コスト4/6疾走 (ヴァンパイア)
他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。
---
評価A。強力なフィニッシャー性能を持つ疾走フォロワー。相手のフォロワーを破壊しても効果が発揮される。事前にある程度盤面を広げておければ守護を立てられてもボード相打ちで強引に突破して攻撃力の上がった疾走打点でリーサルに持ち込むことができる。

◆黄金都市の姫・リテュエル 3コスト3/4 (ビショップ)
攻撃時 自分の場に他のフォロワーがいるならランダムな自分の他のフォロワーに、いないなら自分のリーダーに2ダメージ。
---
評価B。3コスト帯最高峰の高スタッツフォロワー。同コスト以下のフォロワーに対してはほぼ有利トレードができる。ただしこちらのフォロワーにもダメージが及ぶのでテンポカードとしてはいまいち。

◆苦罰の審判者 6コスト3/5 (ビショップ)
ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。
---
評価A。除去と展開とドローを1枚でこなす万能カード。無難な性能で使いやすい。

◆穢れた聖杯 8コストアミュレット (ビショップ)
カウントダウン3 ファンファーレ すべてのフォロワーに2ダメージ。ラストワード サタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告からランダムに3枚、自分の手札に加える。
---
評価A。コストは高いがゲームを決定づけるパワーカードを3枚も手札に加えられるのはシンプルに強い。カウント加速系のカードと組み合わせて使うと効果的。ファンファーレで軽めの全体除去も備えており、手軽に置きやすいのも魅力。

総評

どのクラスにも動きの新しい面白いカードが追加されたという印象です。
単純に強いカードもありますが構築次第で化けそうな性能のカードもあり、なかなか楽しみの多いラインナップだと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

【グラブル】カジノブルーファンタジー

ALISのICOに参加してみました

【Shadowverse】ワンドリイチオシカード